新商品   売れ筋商品   工房紹介   制作者   商品カタログ   メール
工房紹介
千葉県千葉市若葉区 大菅千草 Tel 090-4426-7439  Fax専用 043-228-1655

2004年、大菅千草の個人名で作家活動開始
2010年、仕事を始めてから6年経ち、売り上げも伸びて活動が幅広くなり、工房名があったほうが便利な事もあるので、工房名をつけました。
pufu工房は「ぷふこうぼう」と読みます。名前の意味はありません。私の作っている作品のイメージを音にしたら、、、こんな感じかな?と考えました。


仕事場紹介します
机の正面と横に窓があって、仕事しつつ通るひとを見ています。毎日お散歩を日課にしているお年寄りが通ります。

机の上はいつも汚いです。ジャングル。

写真左下はガラス棒を保管してあるところです。色数は300位かな。違うメーカーで同じ色があったりします。それぞれ微妙な違いがあります。自作の木箱の中に3cm角の格子が入っていてその格子毎に同じ番号の色ガラスを入れて管理してます。埃が入るので普段は布がかかってます。



1.序冷炉。
ガラスは急な温度変化で割れてしまうので、300度の炉に保管して、作業が終わったら常温までゆっくり温度をさげて、冷まします。そのための電気炉です。

2.小さい扇風機。
ガラスが柔らかいうちに序冷炉の中に保管すると変形してしまうので、扇風機の風で少し冷ましてから炉に入れます。作業効率を良くする為の扇風機です。

3.酸素バーナー。(GTTファントム)
酸素とガスを一緒に燃やして高温の炎が出ます。パイレックスなどのガラスに使います。

4.ボウル。
百円ショップの料理用ステンレスボウルです。水を入れておいて、ペンチが熱くなりすぎた時や、熱いガラスを捨てる時に水の中に入れます。

5.余熱台。  ガラス棒を遠火で温めるための台です。

6.スピーカー。  FM聴きながら作業してます。

7.エアーバーナー(エアフォースマックス)商品名ですよ。凄い名前だね。
ガスとエアーを一緒に燃やします。通常このバーナーを使ってます。脇に小さいバーナーが付いているので便利で使いやすいです。

8.机の下のファンヒーター。
上半身はバーナーで少し温かいので、下半身に冬はこれ素敵です。夏はここに小さい扇風機が入ります。

9.ペンチ、はさみ、へら、千枚通し、ピンセットなど。
だいたいこんな道具で作ってます。

10.ガラス棒


製品の仕様、価格、発売時期、販売期間は、予告なく変更する場合があります。 Copyright (C) 2004-2010 All Rights Reserved.